人材不足の職場ってどこ?

Comments Off on 人材不足の職場ってどこ?

人材不足の職場ってどこなのでしょう。最近では、少子高齢化が進む中で、益々職場の人材不足が叫ばれています。そうした中、企業の人材不足感は益々高まるばかりです。近年、人材不足を感じていると回答した職種には、エンジニア、営業、販売職、会計、財務スタッフなどがあります。これらは、経験と実績がモノを言う専門職で、学校を出て即戦力になれるような職場ではありません。一方で、看護師や保育士なども長年、人材不足の職場といわれていて、その背景には離職率の高さがあります。若者が多く働く飲食産業なども人手不足が叫ばれていて、過酷な労働環境が問題になっています。人材不足の職場を解消するためには、若者をじっくり育てていかなくてはなりません。 人材育成を行う企業がなくなると、即戦力はいずれ消滅していくことになります。最近の企業は、人を育てる意識が薄らいでいる傾向にあり、その背後にあるのが成果主義です。人材流動化の風潮が、結果的に人材不足の職場を招いたのかもしれません。 不況で会社に余裕がなくなってくると、益々人材不足の職場は増える一方です。