転職の志望動機

Comments Off on 転職の志望動機

転職の志望動機。面接でほぼ聞かれる内容ですね。たとえ、現職よりも給与面で恵まれていたり、休日数や福利厚生面が高待遇であったとしても、直球で答えるのは避けましょう。仕事をしていく上で雇用条件は非常に大切なことです。モチベーションをあげ、仕事の質も向上させてくれます。しかし、履歴書への記入や面接で直球で答えるのは、目先の条件面だけで安易に転職を決めたと判断されかねません。安易な物の考え方をする人間だと思われてしまうと、採用への道も遠のいてしまうでしょう。あくまで、転職は自身のスキルやキャリアアップ、もしくは転職先で自分を活かしたい。転職先でどうしても働きたい理由があるなど、自分にとっても転職先にとっても有益になると思われる回答が望ましいでしょう。日本では長く同じ職場で勤め上げる事が大切だとされる傾向が強いので、いかにこの転職が自分にとって重要でかつ大切なもので、さらに一大決心であることを伝えるのが、採用したい。と思わせるポイントなのです。有能な人材を獲得したのであれば、長く働いてもらいたいのは当たり前の話です。安易に辞められてしまうような気配のある人材は、有能であっても躊躇してしまうのが雇用者側の常なのです。